それにしても語彙が欲しい

生活の中で考えたことや、感銘を受けた作品のレビューなどを書いていきます。毎週土曜日(&気まぐれ)24:00頃更新。

大分県日田市観光案内

大分県日田市の皆さんへ。 どうか僕の書いた『流れの庭』という小説を読んでやってくださいm(_ _)m 流れの庭 - カクヨム 広瀬淡窓を主人公にした歴史小説です。 最初が大村益次郎視点なので誤解されがちですが、すぐ広瀬淡窓が出てきます。 フィクション要素…

演劇の台本を出版しました【男3女5・100分】

2008年に池袋小劇場で上演した『三風谷村水没前夜』をKindleで出版しました。 三風谷村水没前夜 | Amazon(250円) 北海道平取町三風谷村。 アイヌの聖地たるこの場所は明日、ダムの底に沈む。 過熱する反対運動を尻目に、早坂マコと野本ユキエは淡々と引っ…

演劇をどげんかせんといかん

「漫画村」が炎上しながらも大きな注目を浴び、「小説家になろう」がなろう系(笑)と笑われながらも日本有数のサイトとなった状況を眺めていると、エンタメはいよいよ「基本無料」が当たり前になりつつあるんだなあと感じます。 漫画村がニュースになった時…

同じ作家・同じ宣伝方法でもタイトルやあらすじでこんなに違う

パソコンの中で眠っていた過去の小説を最近、投稿サイト「カクヨム」に少しずつ投稿しています。 森山智仁(@moriyama-tomohito) - カクヨム 以前から「星空文庫」には置いていたのですが、複数サイトに出したほうが読んでもらえるチャンスが増えるだろうと…

現役店長楽太郎さんが脅しをかけられた件について

僕は業務上、パチンコ・パチスロ関連のサイトを日々巡回しているのですが、「パチンコ屋の裏話 現役店長楽太郎のお部屋」は、 業界にとって不都合な話を丁寧な文章で書かれていて、とても好きなブログです。 その楽太郎さんが先日、こんなツイートをしていま…

セクハラ批判のツイートをセクハラおやじが読んで反省する可能性は低い

デモ運動は人数が多いほど「圧力」が上がります。 何千何万RTされているツイートは、かなり大きな「共感」を得ていると言えます。 しかし、ツイートはデモ運動と違って、RT数(人数)が圧力に直結しません。 一応、比例はするでしょうが、倍率はさほど高くな…

演劇の台本を出版しました【男3女5・100分】

第19回池袋演劇祭で「としまテレビ賞」を受賞した『神のゆりかご』をKindleで出版しました。 神のゆりかご | Amazon(250円) 舞台は16世紀末のイタリア。かの有名なピサの斜塔での実験の前日、数学教授ガリレオ=ガリレイの邸宅に一人の少女が訪れる。コメ…

映画と舞台の鑑賞記録(2018年4月)

短文でも何かの感想を書くのはそれなりのエネルギーを使いますね。 前のブログではこまめに書いていましたが、気まぐれ更新になってすっかり習慣から外れてしまいました(・∀・) というわけで、最近観た映画・舞台について、メモ書き程度の記録を残しておきま…

池袋演劇祭に参加する際に気をつけてほしい5つのこと

池袋演劇祭というのは東京都豊島区で毎年9月に開催されている演劇祭です。 演劇関係者や地元民ですら「へー、そんなのあるんだ」というリアクションが大半を占める超マイナーなイベントですが、なにげに今年でもう30回目になるそうです。 ざっくり言うと、 …

現代劇の出演者を募集します【2019年1月・萬劇場】

2019年1月、萬劇場にて個人によるプロデュース公演を行います。 アラサー魔法少女がひどい目に遭う社会風刺型のコメディです。 つきましては若干名の出演者を募集します。 劇場入り 2019年1月9日(水)~14日(月祝) 公演日程 1月11日(金)~14日(月祝)…

33歳フリーライターは如何にしてハースストーンを卒業したか

去年のある一時期、僕は「Hearthstone」(ハースストーン)というカードゲームにくそハマっていました。 どのぐらいハマっていたかというと まじでヤバいレベルです。 とにかくヒマさえあれば対戦し、毎日のようにデッキガイドを眺め、移動中もハースストー…

小説はタイトルや表紙でどの程度内容を開示すべきなのか

小説を作る際、タイトルや表紙はどの程度内容を開示(ネタばらし)すべきなのでしょうか。 「分野や好みによりけり」と言ってしまえばそれまでなのですが、少しだけ踏み込んで考えてみます。 あらすじが超重要 売れ行きに対しては、タイトルや表紙より、実は…

続・ノベルジャム2018体験記

デザイナー・杉浦さんのnoteに触発されて、 思い出したことがありました。 こちらの反省レポートの続きです。 リーダーは編集者 著者・デザイナー・編集者でチームを組む時、一般的に、リーダーになるのは編集者です。 ミステリマニアがミステリに厳しく、SF…

兼業作家の定義って何だろう

確定申告のシーズンが嵐のように去っていきましたね。 少し前の話ですが、ノベルジャム2018優秀賞受賞作品『バカとバカンス』の著者・天王丸景虎さんがツイッターでこんなことを言っていました。 そもそももう業として怪しくなってきてるのを、兼業を勧める…

パチンコ業界に激震(笑)風適法の改正をあえて擁護してみる

先月1日、風適法の施行規則が改正されて、パチンコ・パチスロの出玉試験が劇的に厳しくなりました。 尚、一部のネット民(笑)はろくに調べもせず「2月1日の法改正でパチ業界はいよいよオワリ\(^o^)/」と騒いでいましたが、新しい規則に従って作られた機種…

『その話いつまでしてんだよ』続編を書きました

NovelJam2018で出版した『その話いつまでしてんだよ』の続編、『この話いつまでするんだよ』という小説を書きました。 改稿版と同様、パスワード付き記事となっております。 杉浦昭太郎さんの作ってくださった表紙がまたかっこいいですね。 改稿版と並べると…

『この話いつまでするんだよ』(『その話いつまでしてんだよ』続編)

(表紙=杉浦昭太郎) input passphraseに「『その話いつまでしてんだよ』最終シーンにおける開演予定時刻までの残り時間」を半角数字3文字で入力し、Decryptをクリックすると作品が表示されます。 (例:残り7時間53分なら「753」) パスワードが間違ってい…

ポプテピピックはシスターフッド作品である【そだねー】

「シスターフッド」という言葉、ノベルジャム2018の講評で知りました。←勉強不足 ウーマン・リブの運動の中でよく使われた言葉で,女性解放という大きな目標に従った女性同士の連帯のこと。仲間の理解と愛情を確認し合うために使われることもあれば,これま…

ノベルジャム2018全作品の感想+α

ノベルジャム2018、他の著者さんたちが書いた作品を一通り読んでみました。 「良いことを一言だけ」に統一したので、毒にも薬にもならないというか、ホンマに読んどるんかいという風に見えるかもしれませんが、平等を期したものなのでご理解ください。 根木…

【質問箱】第2回スーパー自作自演タイム

みなさんこんばんは。 ツイッター歴7年、一番いいねされたツイートがこれっていうワナビ、森山です。 30万のうち8件が私ですね。 — 森山智仁@カクヨム (@bacoyama) 2018年1月16日 (しかもそんなに多くなかったですね) 今回は質問箱の自演機能を使って読者…

チクタク『Four for you!!』vol.3の感想

3月3日(土)の夜、NovelJam2018で知り合った金巻ともこさんのプロデュースによる演劇『Four for you!!』vol.3を観てきました。 株式会社チクタク プロデュース公演『Four for you!!』vol.3 | 4人の役者と4人の脚本家と4つの物語。3回目! 4本立てのオムニ…

清水めいりさんの告発に対する竹内忠宜氏の対応について②

風化を防ぐ唯一の方法は、忘れていない人間が「忘れてねーぞ」と声を上げ続けることです。 早朝に大量のリツイートをごめんなさい。もう2月が終わってしまったけれど、自身の件についても、日本のmetoo についても、風化の一途を辿ってしまっているのではな…

即興で書いたものに値段を付けていいのだろうか

ノベルジャムは「2泊3日の短期集中で作った本を216円で売るぞ」というイベントです。 2月14日にこのような記事が出ていました。 New Honkure Posting:NovelJamの本売りについて考えたこと https://t.co/PkZTeQFvbt — 倉下 忠憲 (@rashita2) 2018年2月14日 ど…

エブリスタの裏ノベルジャム2018でふざけた小説を書きました

投稿サイト「エブリスタ」のイベントに「裏ノベルジャム」というのがありまして、 表ノベルジャムの著者も参加OKということだったので、『異世界の出版合宿イベントは「もみ放題」&「もまれまくり」でした』というふざけた小説を出しました。 テーマは「ハ…

シン・ノベルジャム2018体験記

ノベルジャム2018体験記【前編】では主に作品の審査について、 同【後編】では「自分が編集者ならどうするか」ということについて書きましたが、 実は著者としての体験記がまだでした。 というわけで遅ればせながら著者としての体験記、もとい「個人的すぎて…

原稿用紙のルールも守れない人が面白い話を書けるはずがない

タイトルは釣りです(・∀・) あのように言い切ると語弊があります。 正しくは「原稿用紙のルールを守っていない文章を僕が面白いと思うことはほぼほぼない」です。 Twitterの#NovelJamで、「行頭の一字下げ」等のことがちょっと話題になっていました。 私が細…

『その話いつまでしてんだよ』改稿版を書きました

2泊3日の出版創作イベントノベルジャム2018で、『その話いつまでしてんだよ』という短編小説を出版しました。 BCCKS / AMAZON / AUブックパス BOOK☆WALKER / ソニー Reader Store / 楽天ブックス ※価格は216円です。ぜひレビューをお願いします! 上記の商品…

改稿版『その話いつまでしてんだよ』

(表紙=杉浦昭太郎) 更新履歴―― 2018年2月12日(月)初版発行 2018年2月19日(月)改稿版発表 2018年2月20日(火)本文の前に「ご指摘の概要」を追加 2018年2月22日(木)表紙を更新! input passphraseに「最年少で叱られ役の人物の名前」を小文字のロー…

ノベルジャム2018体験記【後編】

2泊3日の出版創作イベントノベルジャム2018に著者枠で参加してきました。 体験記その2です。 その1はこちら↓ moriyamatomohito.hatenablog.com 今回は「終わってから考えた“ノベルジャムにおける編集者”の攻略法」という形で書いていきます。 僕は編集に関し…

ノベルジャム2018体験記【前編】

2泊3日の出版創作イベントノベルジャム2018に著者枠で参加してきました。 体験記その1です。 時系列的には後の話を先に書きます。 合宿最終日、「ほぼ本文のみ」によって審査が行われました。 全体の半数が何らかの賞を受賞している中、自分の作品が何の賞も…