それにしても語彙が欲しい

脚本家・フリーライター森山智仁のブログです。毎週土曜or日曜(&気まぐれ)更新。

商業再び

今年7月に『13月の女の子』という舞台の演出をやりました。

 

同じ運営さんからまたお誘いいただいて、来月、『白と黒の忘年会』という舞台をやります。

現在その稽古中です。

 

今度は演出だけでなく脚本もです。

前回も9割リライトしましたが、一応「脚色」・演出という位置付けでした。

 

A・B・Cの3チームあって、全チーム脚本が違います。

 

我がBチームは、劇団バッコスの祭で2015年に上演した『チャペック博士の子供たち』のリメイクです。

当時の大筋はそのまま使って、新キャラと新要素をドバッと追加しました。

『チャペック』は「行動十二戯曲」にも収録したお気に入り作品です。

f:id:moriyamatomohito:20191026131118j:plain

 

7月の現場は初めてのアイドル舞台で、色々と手探りだったり後手後手だったりしましたが、今回は前回の反省を活かせているという実感があります。

人間、何歳になっても成長していきたいものです。

 

関連記事

moriyamatomohito.hatenablog.com