それにしても語彙が欲しい

脚本家・フリーライター森山智仁のブログです。毎週土曜or日曜(&気まぐれ)更新。

「演技」を考える、初心者向けワークショップ 参加者募集

f:id:moriyamatomohito:20191113110003j:plain

初心者向けの演技ワークショップを開催します。

 

概要

12月15日(日)13:30~16:30 豊島区にて

参加費 500円(場所代とテキスト代),高校生以下無料

定員 10名

 

こんな人におすすめ

  • プロの俳優を目指している初心者
  • すでに劇団や演劇部に所属しているけれど「演技って何なの?」とモヤモヤしている人
  • 演技のレッスンを受けているけれど正直ピンと来ていない人
  • 演出の初心者

 

講師

森山智仁

脚本家・フリーライター

 

演出経験

劇団バッコスの祭にて30回以上

プロデュース公演『目玉の先生』,『アラサー魔法少女社畜生活』

小説の舞台化『【大好き】センパイを双子コーデでコロしてみた!』

舞台『13月の女の子』,『白と黒の忘年会』

 

演技経験

劇団バッコスの祭にて2回に1回ぐらい

 

内容

だいたい以下のようなことをやる予定です。

 

①脚本の読み方

自分のセリフに線を引いてはいけない理由

脚本の覚え方

役としての読み方と観客としての読み方

 

②演出の受け方

演技の根幹でもある「話を聞く」とは何か

他人のダメ出しも聞くべき理由

稽古場で心を開くべき理由

③演技のやり方

ロボット演劇から考える「観客が共感する理由」

あえてアクションから始める「舞台の立ち方」

あるワンシーンから考える「演技の選択肢」

④役づくりのやり方

どの役なら「できそう」?

キャラクターよりも関係性

今すぐあなたに当て書きを

 

お申し込み

フォームに必要事項をご記入ください。

最終〆切は12月10日(金)ですが、定員(10名)に達し次第受付終了とさせていただきます。

 

拙著『劇団解散したけど質問ある?』でも演技について書いているので、よろしければお手に取ってみてください。