それにしても語彙が欲しい

脚本家・フリーライター森山智仁のブログです。毎週土曜日(&気まぐれ)更新。

演劇

劇場での感染拡大を防ぐために脚本家・演出家に呼びかけたいこと

演劇公演の上演時間、1時間半を上限にしませんか。 無理だと言われると思いますが。 ネットワークの世話人の一人であるゴーチ・ブラザーズの伊藤達哉代表取締役は「今後、日本の演劇の形が変わっていくかもしれない」と話す。例えば、感染対策のため客席を満…

ライブ配信以外で動画をマネタイズする方法

全国公立文化施設協会が提示した感染拡大予防ガイドラインの「表現上困難な場合を除き原則としてマスク着用を求める」という文言が波紋を呼んでいました。 時事ネタのオンパレードになりそう https://t.co/77BkIxfOR1 — 森山智仁 (@bacoyama) 2020年5月15日 …

「VR演劇」の可能性について

オンライン演劇について書いた記事に対し、 Twitterでこういうご質問をいただきました。 これは……あくまでも素人考えで軽い疑問なのですが……。VR空間でVチューバーの方々が動くみたいな感じで演劇を行う『VR演劇』って不可能なんですかね……?たぶんプロ…

平田オリザさんへの公開書簡

当方、過去に14年ほど劇団を率いていた者です。 現在はフリーの立場で脚本・演出をしています。 昨日、突然リプライをさせていただきましたが、 演劇関係者です。全文拝読しましたが、「悪意のある切り取り」だとは僕には思えませんでした。NHKでのインタビ…

緊急事態宣言が出たことで演劇は救われた

緊急事態宣言の、 タイミング 期間 運用 理解 については色々と議論の余地があると思いますが、とにかく4月に緊急事態宣言さんが登場してくれたことで小劇場界は救われました。 というのは、極めてシンプルな話で、 稽古場が閉まったから です。 6月の公演も…

「オンライン演劇」の行き着く先って「映画」なのでは?

劇場で公演できない演劇人たちが動画で何かできないか模索してる中、空気壊すかもしれないんですが、どうしても気になるので書き留めておきます。 「オンライン演劇」の行き着く先って、「映画」なんじゃないでしょうか。 映像の技術が存在しなかった頃 役者…

「アートにエールを!東京プロジェクト」で大多数の劇団員が対象外になる件

少し前ですが、「アートにエールを!東京プロジェクト」というものが立ち上がりました。 概要と個人的評価 概要を引用します。 ・プロとして芸術文化活動に携わるアーティスト、クリエイター、スタッフの方々から、自由な発想を基にした動画作品を募集し、専…

今までのようには生きられないかもしれない

昨年初めてボドゲカフェに行ったあたりから、アナログゲームの制作を始めました。 昨日人生初のボードゲームカフェに行きまして、くっそ面白かったです。おれが自作した「演劇すごろく」結構ちゃんと遊べたので、演劇関係のみんな今度やろーぜ。(初対面なの…

「公演中止でも映像で配信すればよくない?」

演劇人同士で「配信じゃ伝わらない」「だよねだよね」って言い合って、外部からは冷めた目で見られている。 ―― #演劇の死 を含むツイートを見ていて、そんな状況になっていないか危惧します。‬ ‪目指していないなら知らないことは罪ではありません。 たとえ…

公演中止の場合はぜひクラウドファンディングやライブ配信の活用を

コロナウイルスを警戒しての公演中止、公共系や商業系だけでなく、小劇場でも数例目撃しました。 公演を中止するとどうなるか 小劇場の公演予算は著書にも書いた通り、例えばこんな感じです。 劇場使用料・電気代 80万円 稽古場代 10万円 スタッフ人件費 50…

舞台の演出をハンバーグにたとえてみた

先日の演技ワークショップは「演出をやってみよう」がテーマでした。 当日やったことの一部をレポートします。 課題①ハンバーグの味を決める要素を5つ挙げてください 書いたらスクロール(・∀・)↓ たとえ話なので答えも何もないのですが、今回の答えは 店 食…

脚本をWEB上に公開するリスクについて

シアターモリエールでの15人降板が引き金になって(?)、Twitterで小劇場のチケットノルマが話題になっています。 僕自身はノルマについてこういうスタンスです。 チケットノルマの件、役者は実際にその団体の公演を観た上で「ノルマ背負ってでも出たい」と…

照明をやって学んだこと

木田兄妹プロデュースの旗揚げ公演『モザイクハウス〜螺旋の猫と怨霊の屋敷〜』で照明をやっています。 木星劇場では自分のプロデュース公演で音響・照明を何度かやってきましたが、人様の公演での照明専任は初めてだったので、気付いたことをメモしておきま…

脚本のセリフが言いにくい時、役者はどうすればいいのか

先日の演技ワークショップの後の懇親会で、作家さんから役者さんに、 「脚本に言いにくいセリフがあった時はどうするか?」 という質問がありました。(※DramaJamの作家さんが参加していました) 回答は、 「我慢してそのまま言う」 「稽古で一度言いやすい…

2020年5月公演のタイトルを発表します

『夢が壊れるミックスグリム定食2500円』 2020年5月14日(木)〜17日(日) cafe&bar 木星劇場 出演 長谷川栞 木田しおん 柴田塔(劇団グースエッグシアター) 舘花美砂 脚本・演出 森山智仁 演目 実は起きている森の美女 ありのままで恋したい人魚姫 ブレー…

「この事件を報道する機関を日に一社ずつ減らしてください」

木星劇場プロデュース公演の脚本を書かせていただきました。 あの日、報道ヘリの爆音で通信が妨害されなければ、妹は助かったかもしれない。 降りてきて助けろとまでは言わない。 せめて邪魔しないでほしかった。 マスコミを内側から変えてやろうと思った。 …

舞台演出の小ワザ集

作品論とか芸術論ではなく、技術面の話です。 僕は誰かから演出を教わったわけではありません。 独学でやってきました。 その善し悪しはさておき、 最初から知っておきたかった 本とかには書いていなかった 現場で使える小ワザをまとめておきます。 // 身だ…

「演技」を考える、初心者向けワークショップ 参加者募集

初心者向けの演技ワークショップを開催します。 概要 12月15日(日)13:30~16:30 豊島区にて 参加費 500円(場所代とテキスト代),高校生以下無料 定員 10名 こんな人におすすめ プロの俳優を目指している初心者 すでに劇団や演劇部に所属しているけれど「…

舞台『白と黒の忘年会』Bチームの見どころ

2019年11月2日(土)~17日(日)@シアターモリエール 舞台『白と黒の忘年会』、今日から開幕ということで、我がBチームの見どころを簡潔に紹介します。 ①ロボがいっぱいいる ほとんど人間と同じように振る舞うことができるロボットがたくさんいる世界です…

舞台『白と黒の忘年会』Bチーム公演情報

2019年11月2日(土)~17日(日)に新宿シアターモリエールで上演される舞台『白と黒の忘年会』は、A・B・Cの3チームに分かれていて、それぞれキャスト・脚本・演出が異なります。 stage.corich.jp この記事はBチームについて紹介します。 日程 11/2(土)18…

商業再び

今年7月に『13月の女の子』という舞台の演出をやりました。 同じ運営さんからまたお誘いいただいて、来月、『白と黒の忘年会』という舞台をやります。 現在その稽古中です。 今度は演出だけでなく脚本もです。 前回も9割リライトしましたが、一応「脚色」・…

役者と主宰(脚本・演出)の関係性について

ちょっと思うところがあって、今日は劇団の主宰者と役者の関係性について述べます。

演劇の公演を中止することについて

演劇に限らず、今日はほとんどの「公演」が中止になったはずです。 公演中止を決めた各主催者は本当に偉い。途轍もない赤字を背負うだろう。計算は簡単で、入場料✕座席数分の売上がまるごと入って来ない、ざっくり言ってその分まるっと赤字になる。ファンの…

美貴ヲの劇『わたしはザリガニになりたい』の感想

アンケート用紙がなくてSNSへどうぞ、とのことだったので率直に書きます。 面白かったです。 SNSへお書きくださいと言われても「……」となるような内容だったら何も書けません。 (昔は芝居観るたびにブログにガチの感想を書いていましたが、今はアンケにだけ…

来年5月にプロデュース公演をやります

森山智仁プロデュース公演 2020年5月14日(木)〜17日(日) cafe&bar 木星劇場 出演 長谷川栞 ひなたしおん 柴田塔(劇団グースエッグシアター) 舘花美砂 今年5月にやった「舞台センコロ」のキャストの2人、長谷川栞さんとひなたしおんさんがまた舞台やり…

本当に完全にまったく意味のないこと

今回も劇団時代の話です。 劇団時代の話はもうしないと何度か言った気がするのですが気のせいでしょうか。 乗り越えているつもりで立ち止まっている気がしてなりません。 まぁそんなことは置いておきましょう。 「当日精算券」というものを見たことがある方…

赤字でいいじゃない、趣味なんだもの

今年1月に上演した舞台『アラサー魔法少女の社畜生活』では、Noveljamでご縁ができた藤沢チヒロさんにチラシのイラストを依頼しましたが、今度はLINEノベルに投稿する小説の表紙を描いていただきました。 《作品紹介》 この『異世界に行ったら負けだと思って…

アイドルが舞台に立つということ

昨夜の出来事。小劇場の活躍中の女優さんの面談で共演候補を伝えた時に「なんで声優やアイドル出身の役者と同じ舞台に立たないといけないんですか?」と言われて衝撃。同席の団体の担当者さんが相当慌ててた。ちょっとまて。俺からじゃなく団体さんから売り…

キャラメルボックスの活動休止に思うこと

僕が初めてキャラメルボックスを観たのは高校時代、『TRUTH』という作品でした。 当時、めちゃくちゃ感動しました。 終演後、 「おれもこういう人生を送りたい!」 「おれもああいう舞台を作りたい!」 という気持ちで胸がいっぱいになりました。 それだけ感…

S席8000円の舞台の演出をやります

『13月の女の子』という舞台の演出をやることになりました。 6月28日(金)~7月7日(日)@新宿シアターモリエールです。 dp-isr.com S席:8,000円 A席:5,800円 僕が今まで関わってきた中で最高値のチケットです。 うちの劇団は解散公演で3200円でした。…